2019/01/31 06:00

実は間違いだらけ?株価予想の正しい活用法とは

第一生命保険のように、自社ホームページにてプロの投資家としての方針を提示するプロの投資家もいます。

「許容できるリスクの範囲で株式や外国証券を保有することで、有利な資産運用にも努めています。加えて、きめ細かなリスク管理体制をとることで、リスクのモニタリングを行いつつ、運用効率向上を図っています。」

(出所:第一生命ホームページ『基本的な考え方』より引用)

他のプロの投資家についても、概ね同様の趣旨で資金を運用しています。彼らは、企業の株式を買っている時に「その会社の株価が下がる可能性がある」という予想を目にしたとしても、持ち株を直ちに全部売るということは行いません。彼らは株価下落が起こる確率を踏まえて、その損失が致命的にならない程度までリスクを管理します。

相場はコントロールできないが……

資金を守るために予想を活用する理由の一つとして、「相場はコントロールできない」という考え方があると思われます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >