2019/03/01 20:00

お金に善悪はない。でも、違和感がつきまとう理由

お金に善悪はない。でも、違和感がつきまとう理由
お金に善悪はない。でも、違和感がつきまとう理由

新井和宏さんは、鎌倉投信の創業者かつ運用責任者(ファンドマネジャー)としてよく知られてきました。鎌倉投信といえば、利益偏重と言われがちな金融業界で企業の社会性を重視。独自の基準で選んだ “いい会社”に投資する姿勢で多くの支持を得ています。

しかし、新井さんは、このほど同社を退社。新たに投資事業会社「eumo(ユーモ)」を設立しました。eumoでは仮想通貨技術を通じたコミュニティー通貨の普及推進や社会問題に取り組むベンチャー企業(ソーシャル・ベンチャー)を支援するとのこと。

新井さんのeumoにおける“新しい金融構想”から、「そもそもお金とは?」「仮想通貨はなぜ気持ち悪い?」「未来のお金はどうなる?」といったお金の疑問や定義について金融マンとしての考えを伺いました。


鎌倉投信が軌道にのってきたときになぜ?

新井さんは、鎌倉投信で10年、社会の持続的な発展に貢献する企業の支援に取り組んできました。例えば、林業は成果が出るまでに時間がかかる。でも、資金援助を受ければ、返済のために短い期間でリターンを出さねばならないといった矛盾も生じる。こうしたことからソーシャル・ベンチャーを解放したい。そこで、満期のない投資信託にして保有し続けるなどの試みです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >