2019/02/06 18:10

イオンモバイル、“大盤振る舞い”3周年企画のおトク度

イオンモバイル、“大盤振る舞い”3周年企画のおトク度
イオンモバイル、“大盤振る舞い”3周年企画のおトク度

「携帯電話料金は4割下げられる余地がある」――。昨年8月の菅義偉官房長官の“値下げ発言”以来、激震が続いている通信業界。

NTTドコモが「2~4割値下げとなる新料金プラン」の導入を予告したほか、今年10月には楽天が“第4のキャリア”として参入するなど、業界にとって2019年は激変の年となりそうです。

そうした中、2014年に発表したイオンスマホで「格安スマホ」ブームの火付け役となり、2016年にMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスに参入したイオンモバイルが、MVNO参入3周年を記念した新たな一手を打ち出しました。

利用者にとっては、どのくらいおトクになるキャンペーンなのでしょうか。2月6日に開かれた新サービス発表会の内容から、探ってみたいと思います。


月額基本料金は780円から2980円

「3周年を記念して、大変お得な新サービスをご用意しました」――。発表会の冒頭、イオンリテールの井関定直・イオンモバイル事業部長は、こう宣言しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >