2019/02/13 06:30

メルカリ、皆が使っているのに赤字がずっと続いているワケ

メルカリ、皆が使っているのに赤字がずっと続いているワケ
メルカリ、皆が使っているのに赤字がずっと続いているワケ

フリーマーケットアプリの代表格となった「メルカリ」。2018年10~12月期には、月間平均で日本に住む10人に1人が利用するまで、ユーザー層が拡大しました。

しかし、同社が2月7日に発表した2019年度上半期(2018年7~12月期)決算では、本業の儲けを示す営業利益が36億円の赤字となりました。四半期ベースだと赤字が常態化しており、時折り黒字になるものの年度累計で見ると赤字で着地するという状況が続いています。

ユーザー数は順調に拡大しているのに、なぜこんなに赤字が続いているのでしょうか。決算発表と同日に開かれた決算説明会の内容から、その理由をひも解いてみます。


赤字の中身を分解してみると?

この日、メルカリが発表した2018年7~12月期の売上高は237億円、営業利益は36億円の赤字でした。前年同期の営業利益が22億円の赤字だったので、赤字幅は拡大した格好です。

一方、流通総額を示すGMVは、2018年10~12月期が1,388億円。前年同期に対して49.9%の伸びを示し、直近7~9月期の1,071億円と比較しても大きく飛躍した形です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >