2019/02/19 06:00

FRBの姿勢変化でも1ドル=110円前後のレンジ相場が続く理由

日米金利差が拡大すれば必ず円安に振れるとは言い切れず、その意味で“十分条件”ではない反面、持続的な円安ドル高トレンド実現のうえで日米金利差拡大は欠かせない要素であり、換言すれば“必要条件”という位置づけになるでしょう。

リスクオン環境の下で日米金利差拡大というピースが加われば、円安ドル高が進みやすいことは言うまでもありませんが、こうした条件が整うのはもう少し先になりそうです。

米国の金利先高観を欠いた中でのドルの戻りには限界があるとみられ、持続性は疑わしいと言わざるを得ません。今後1~2ヵ月は1ドル=110円を挟んだレンジでドルの値固めという展開が想定されます。

一方、リスクシナリオは米国の利下げ観測の高まりです。政府閉鎖の影響で一部の経済指標の公表が遅延していますが、その間に米国経済の減速が想定以上に進んでいる可能性は払拭できません。この冬は寒波の影響で経済活動にも一部支障が出ている模様であり、やや警戒を要するでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >