2019/02/27 06:30

“後発携帯キャリア”楽天の三木谷社長が自信満々のワケ

“後発携帯キャリア”楽天の三木谷社長が自信満々のワケ
“後発携帯キャリア”楽天の三木谷社長が自信満々のワケ

都内某所。二子玉川ライズに壮大な本社ビルを構える楽天の関連施設とは思えないほど、何の変哲もないビルの中に、お目当ての施設がありました。

今年10月からの“第4の携帯キャリア”としてサービスを開始する、楽天グループの楽天モバイルネットワーク。同社が2月20日に公開したこのビルの中には、最後発から巻き返しを狙うための秘密兵器が配備されているのです。

現在、料金もサービスも画一化している携帯業界。楽天の参入によって新たな競争が生まれ、ユーザーにとって、より安く、より使いやすい環境が整うのでしょうか。グループの総帥、三木谷浩史・会長兼社長も出席した内覧会から、巻き返し戦略を解き明かしてみます。


コスト減を可能にする「仮想化ネットワーク」

ビルの中に所狭しと並ぶ、たくさんのサーバー。このサーバーを中心に、自社で構築した商用の仮想化ネットワークを再現し、動作を検証するのが、この「楽天クラウドイノベーションラボ」の設立目的です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >