2017/10/25 18:00

株式が“紙切れ”になった経験も お金のプロの失敗談

株式が“紙切れ”になった経験も お金のプロの失敗談
株式が“紙切れ”になった経験も お金のプロの失敗談

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は深野康彦氏がお答えします。

ファイナンシャルプランナーの方たちはどのようにお金を運用されているのですか? 成功談ではなく、失敗談を教えてください。
(匿名希望)

深野:私のお金の運用スタイルは人様にお話できるような代物ではありません。

なぜなら、商品の仕組みなどでわからないものがあったり、ポジションを持った時の投資家心理はどのようになるのか等々、疑問がわいたときにはすべて身銭を切って投資をしているからです。

ただし、私にも家族がいますので家族には迷惑をかけないように、ライフイベントに合わせてお金を準備することは心がけるようにしています。ライフイベントに合わせたお金の準備とは、資金不足でローンなどに頼らないようにすることです。

年齢が50代となっていますので、かつてに比べてリスクを押さえた資産運用に変えているのは事実です。それでも、同年代と比較すると積極的にリスクを取った運用ではあります。資産配分では、数年前から新興国への資産配分の割合が増えていることでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >