2017/10/08 18:00

FPの体験談“コレは有益だった”と思うお金の使い方

FPの体験談“コレは有益だった”と思うお金の使い方
FPの体験談“コレは有益だった”と思うお金の使い方

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は今までに有益だったお金の使い方について、内藤忍氏の体験談を聞いてみました。

これまでで一番有益だったと思う、お金の使い方(消費・投資)について教えて下さい。よろしくお願いします。
(30代前半 独身 男性)

内藤:お金が有効に使われたかどうかを判断する定量的な基準の1つは、投資のリターンだと思います。投資でリターンを上げれば、それはお金が有益に使われたと考えることができるのです。

お金が有効に使われるということ

例えば株価が上昇する会社は、会社の企業価値が高まっているわけであり、企業活動がマーケットから評価されていることになります。企業価値というのは、市場から評価される「企業の通信簿」のようなものなのです。

だから、もし自分の投資した株式が上昇すれば、それは企業価値の向上にファイナンスという側面で寄与したことになります。つまり、お金が有効に活用されたということができるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >