2019/10/21 18:30

「給与はすべて生活費に消える…」アラフォー独身の非正規女性

「給与はすべて生活費に消える…」アラフォー独身の非正規女性
「給与はすべて生活費に消える…」アラフォー独身の非正規女性

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、契約社員として働くアラフォーの未婚女性。結婚の予定もなく、月20万円の収入はほぼ生活費に使い果たし貯蓄ができず焦っているといいます。FPの横山光昭氏がお答えします。

契約社員として働いています。給料は時給制なので、収入は勤務日数により19万円~22万円ほどの間で変動します。今の悩みは、ボーナスがないため、貯金が増えないということです。

基本的に海外旅行などはせず、大きな買い物もしない方です。お給料を生活費で使い果たす感じですが、月に2~3万円の貯金ができたとしても、年に2,3回の帰省(往復で3万円程度)と、使い捨てのコンタクトレンズ代に使うとなくなってしまいます。

若いころはこの状況でも「まあいいか」と思っていたのですが、気が付いたら間もなく40歳。まだ相手もいなく、年齢も年齢なので無理かもしれませんが、結婚し、子どもを一人くらい育てたいと思っています。年齢のこと、金銭的なことを考えると、少々焦ってしまいます。

収支を見直すにあたり、家賃が高いと指摘を受けると思いますが、これは自分で承知の上でのことで譲れない部分ですので、それ以外で改善できればと思います。

〈相談者プロフィール
・女性、39歳、未婚
・職業:会社員(契約社員)
・毎月の手取り金額:20.3万円(時給制・毎月変動あり)
・年間の手取りボーナス額:なし
・預貯金:約400万円

【支出の内訳(17.3万円)】
・住居費(家賃):8.5万円
・水道光熱費:0.8万円
・食費:2.3万円
・生命保険料:0.9万円(養老生命共済)
・交通費:0.2万円
・通信費:1.3万円
・交際費:0.4万円
・被服費:1万円
・趣味・娯楽費:1万円
・その他:0.9万円

横山:ご相談ありがとうございます。お金の貯め方と将来のことをお考えのように感じました。いつものお金の使い方から、どう改善し、備えていけるかを考えてみましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >