2017/12/22 18:00

準富裕層のグローバル不動産投資、成否のポイントは?

準富裕層のグローバル不動産投資、成否のポイントは?
準富裕層のグローバル不動産投資、成否のポイントは?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は内藤忍氏がお答えします。

資産運用の一環として投資用不動産の購入を検討中です。現在、保有しているのはペーパーアセットのみです。国内外のREIT投信は総資産の3%ほど保有しています。預金と国内債券系の資産で総資産の80%を占めるため、都内23区でワンルームマンションを購入するか、海外で不動産投資をするか検討中です。予算としては総資産(総額は準富裕層の資産規模)の30%程度を考えています。
(40代前半 既婚・子供1人 男性)

内藤:ご質問ありがとうございます。現在は安全資産で80%ということですから、資産配分のなかで外貨や実物不動産などのリスク資産を増やしていくことは賢明な選択でしょう。

イールドギャップに注意

ただし、資産配分を考える際に実物資産が入ってくるとバランスが崩れやすくなるので注意が必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >