2017/08/30 08:30

拡がる「介護脱毛」超高齢化社会の“新常識”になるか?

拡がる「介護脱毛」超高齢化社会の“新常識”になるか?
拡がる「介護脱毛」超高齢化社会の“新常識”になるか?

病院やエステでの脱毛――と聞くと肌を露出する機会も多い、若い女性が受けるイメージがありますが、実は近年、中高年の利用者が伸びているそう。

そして、ここには単に歳を重ねても若々しい人が増え、美容に気を遣うようになった、というだけではない理由が隠されているといいます。

全国に19店舗を展開する医療脱毛専門院の院長に、その実態と背景について教えていただきました。

中高年の脱毛が5年で4.5倍に増加

医療脱毛を専門に扱う美容皮膚科「リゼクリニック」の調査によると、2010年から2016年にかけて、45歳以上の男女の利用者数が4.53倍に伸びているといいます。

これはどうしてなのでしょうか? リゼクリニック東京新宿院の院長、大地まさ代先生はこう言います。

「中高年の利用者の方で、ここ数年、とくに増えているのはアンダーヘアの永久脱毛です。これは、いわゆる“介護脱毛”を希望されている方が多いことが背景にあると考えられます」(大地先生、以下同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >