2017/10/26 18:00

30代共働き夫婦 世帯年収850万 子供の教育費を考えた家計管理の方法は?

30代共働き夫婦 世帯年収850万 子供の教育費を考えた家計管理の方法は?
30代共働き夫婦 世帯年収850万 子供の教育費を考えた家計管理の方法は?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は深野康彦氏がお答えします。

投資と貯蓄の方針についてアドバイスがほしいです。

【現在の状況】
世帯年収:850万円(夫500万円・妻350万円)
月間支出:40万円弱(住居は賃貸、都内在住)※住居購入は考えていません
貯蓄:800万円
投資:0円
家族構成:夫32歳、妻32歳、子供2人(2歳と0歳)※子供はあと2人ほしいです
親族(夫):両親、兄(既婚子有り、親別居)、妹(シングル子有り、親同居)
親族(妻):両親、姉(既婚子有り、婿養子、親同居)
※両親はともに関東の田舎に在住です

【現状認識と将来のリスク】
現在の年収を維持できれば、将来的にもそれほど金銭的な苦労はなく過ごせるという認識です。現金貯蓄は十分にあるので、今後は投資に回していくのがよいかと思っています。ただし、ある程度の知識が必要な不動産投資や為替取引、特定銘柄の株式購入はハードルが高いと思っています。また、将来的なリスクとして以下を想定しています。
・会社の業績不振による、妻の失業の可能性
・子供が増え、私学へ進学すると、子供の教育費が増加
・夫の両親の介護が必要となると、田舎移住や介護費用がかさむ可能性

【考えている今後の方針】
上記の状況から、とりあえずは低リスクな国債やインデックスファンド購入がベターかと考えています。考えておいた方がよいことや、よりよい方針案などがあれば聞かせていただけるとうれしいです。
(30代前半 既婚・子供2人 男性)

深野:投資と貯蓄方針に関するご質問ありがとうございます。早速、回答に移らせていただきますが、やや回答するには情報不足な点があります。

年収は額面金額なのか、手取り収入なのか。月間支出が40万円弱となっていますが、仮に手取額が850万円とすれば、年間370万円(850万-480万円「月間支出×12か月」)の貯蓄ができていることになります。

現在の貯蓄800万円から考えると、年間370万円は貯蓄できていないように思えます。下のお子さんが0歳なので奥様が産休等で仕事を休んでいたため貯蓄ができなかった、あるいは出産等でお金を使ったために貯蓄が減少したとも推測されます。

これらの情報が不足しているため現状でわかるデータをもとに回答させていただきます。

仮に貯蓄がしっかりできていないならば、使途不明金がある可能性がありますので、家計簿などをつけて使途不明を突き止め、年収から支出を引いた額が年間の貯蓄額になるようにしてください。

金融商品は将来のリスクを見据えて購入

運用に関しては低リスクな国債やインデックスファンドの購入がベターと書かれていますが、その考え方に問題はないと思います。

低リスクの国債は個人向け国債を指していると思われますが、個人向け国債の購入は「変動10年」に限定する。また購入に際しては、キャッシュバックなどのインセンティブがある金融機関で購入してください。

個人向け国債はどの金融機関で購入しても条件は同じなので、インセンティブがある金融機関で購入した方がその分お得になるからです。

インデックスファンドの購入に関しては積立で購入されること、また、少額から始めて様子を見ながら増額するのがよいでしょう。

なぜなら、投資には絶対ということがないことに加え、将来的に懸念されているリスクがあるからです。そのリスクを見ながら購入金額は決めるべきと思われるからです。

子供の教育費は待ったなし、早いうちから準備する

まずは2人のお子さんの教育費の確保です。どの時点から私学への進学をされるかは定かではありませんが、小学校あるいは中学校からだと、早い時期から多額の教育費がかかるため、準備を急ぐ必要があります。

さらに、あと2人の子供を希望されていることから、たとえ私学に行かなかったとしても、お子さん4人の教育費となると準備が必要です。

子供の教育費は待ったなしなので、安全確実な方法で早いうちから準備しておきましょう。

奥様に失業のリスクがあるかもと記載されていますが、そのリスクがあるのであれば資産運用においては、リスクを取った運用は控えるのが基本になることも忘れないでください。

介護費用の負担は両親の資産から捻出

また、ご両親の介護に関しては、介護費用の負担は極力ご両親の資産から払うようにしてください。

ご両親の資産があるにも関わらず、ご質問者が負担してしまうと途中から介護費用の負担を両親に切り替えにくくなる、また、介護費用負担が発生することでご質問者の生活が厳しくなる可能性があるからです。

介護費用の負担によって、ご両親の資産状況が厳しくなりつつある段階から手を差し伸べるようにしましょう。言葉は悪いですが、共倒れになる可能性もありえないことではないからです。

ご質問者の年齢から推測すると、ご両親の介護はかなり先のことと思われます。介護よりも教育費をどう賄っていくかを念頭に、家計管理をしっかり行いながら貯蓄を中心に少しずつインデックスファンドの購入を行っていくスタンスで頑張ってください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >

おすすめキャンペーン