2017/09/13 18:00

10年後のマイホーム購入 資金の積立運用はどうする?

10年後のマイホーム購入 資金の積立運用はどうする?
10年後のマイホーム購入 資金の積立運用はどうする?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は内藤忍氏がお答えします。

10年後のマイホーム取得を目指して、積立を始めようと思っています。よく不動産を買うなら地価に連動したREITがよい、将来のインフレに備えるなら株を、といったアドバイスを見ます。実際には、マイホーム用にREITを何本か、物価に向けて日本株のインデックスファンドを買えばよいのでしょうか。
(20代前半 独身 男性)

内藤:確かに、REITの投資先は不動産ですから、ある程度の連動は期待できますし、インフレに強いのは株式といわれます。

マイホーム購入資金としてREITを選ぶなら

しかし、REITにも投資対象がそれぞれあって、どのような不動産に投資しているかによって値動きは異なってきます。

例えば、投資対象としては大きくオフィスビル、商業用不動産、居住用不動産、倉庫、ホテルなどに分かれます。商業地と住宅地では価格の動きが異なりますし、どの地域に投資しているかによっても地価は変わってくるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >