2017/09/23 11:30

東日本大震災での「パニック売り」が投資観を変えた

東日本大震災での「パニック売り」が投資観を変えた
東日本大震災での「パニック売り」が投資観を変えた

今や個人投資家の有力な情報源であり、「お手本」として強い影響力を持つ投資ブロガー。では、彼ら自身はどのように投資を学び、成功を収めてきたのでしょうか。

「打倒!金持ち父さん 戦略的金持ちへの道」を運営する人気ブロガー「おっさん」氏に、投資を始めたきっかけや現在の投資スタンスに至るまでのいきさつを聞きました。

600万円を株に投じ、16年で9倍に

私が14万円の軍資金で株式投資を始めたのは、2001年9月。資金を捻出するために生活費を徹底的に見直して節約を重ね、預金もプラスしながら最初の数年間で617万円を投じました。おかげさまでこの16年で4810万円の運用益を出し、資産は5427万円まで育ちました。
 
投資を始めたきっかけは、当時ベストセラーとなっていたロバート・キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』という本を読んだことでした。

私は当時から金融資産も不動産も持っておらず、この本でいうところの「労働者」でした。いったいどうすれば労働者から資本家になり、経済的自由を得られるのか、本気で考えるようになりました。本の中では不動産投資が推奨されていましたが、不動産は気軽に海外分散投資ができないし、災害リスクや売りたいときに売れない流動性リスクが気になったので、株式投資に挑戦することにしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >