2017/10/12 11:30

ラムブーム再来 流通システムの発達で臭みも軽減した「生ラム」とは

ラム肉といえば、好みが別れるのがその臭み。ジンギスカンブームの中でも、独特の臭みに耐えられず、イマイチブームに乗り切れなかった人もいるのではないでしょうか。臭みが苦手……と思っていた人はぜひ、生ラムを試してみてください。

そして有木さんは、流通システムの他にも、価格によるところもあるのではないかといいます。

「現在のラム肉人気は、食肉全般の値上がりが背景にあり、相対的に安いラム肉の人気につながっていると感じます」

実際、小売店でも販売を積極的に開始しており、都内のスーパーなどでも取扱が増えています。貿易統計によると、輸入量は、約25%の増加、日本以外でも世界的に需要が増え、最近では、流通価格も上昇している状況です。

ラムの美味しい注目の食べ方は?

有木さんによると、このラム肉ブーム再来は食べ方のバリエーションが増えたことも牽引しているのではといいます。

「王道のジンギスカンやラムチョップはもちろん人気ですが、ラムバーグやラム茶漬けなど、今までなかったメニューも登場しています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >