----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/28 11:30

人気ブロガーの“誰にでもできる”マネー運用指南

人気ブロガーの“誰にでもできる”マネー運用指南
人気ブロガーの“誰にでもできる”マネー運用指南

分かりやすく、手間いらずな点が魅力のインデックス投資。日経平均やTOPIX、ダウ平均といった株価指数などと同じ値動きを目指すもので、数ある投資のなかでは比較的安定して資産を築けるため、本業のある会社員向きともいわれる投資法だ。

インデックス投資は大きく「インデックスファンド(インデックス型の投資信託)」と「ETF(上場投資信託)」に分類されるが、それぞれの金融商品にはどんな違いがあるのだろうか?

双方の特徴やメリット・デメリット、さらには使い分けのコツについて、『全面改訂 ほったらかし投資術』の共著者でインデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさんに聞いた。

今回お話を聞いたのは、日本経済新聞やマネー誌などに数多く取り上げられるインデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさん。IT企業に勤務しながら、堅実に資産を築いている

インデックスファンドとETF、それぞれの特徴やメリットは?

「インデックスファンドは投資信託の種類のひとつ。数千円程度の少ない金額から購入でき、多様な銘柄に分散投資できます。売買は1日1回、『基準価額』で取引するのが特徴です。ちなみに、売買を申し込む時点では基準価額は決まっておらず、当日の夜もしくは後日、運用会社が発表します。したがって、買う際にはそれまでの値動きなどを参考に、『だいたいこれくらいの価格だろう』という感じで『えいや!』と買い、後日、『どれどれ、いくらで買えたかな』と確認することになりますね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >