2017/10/03 08:30

8月の長雨のせい? 百貨店好調・スーパー苦戦の本当の理由

8月の長雨のせい? 百貨店好調・スーパー苦戦の本当の理由
8月の長雨のせい? 百貨店好調・スーパー苦戦の本当の理由

東京では、21日間連続で雨が降り、8月の日照時間が観測史上最短を記録した今年。

雨が続いた影響か、スーパーの売上が落ち込んだ一方、百貨店の売上は伸びました。

百貨店とスーパーで明暗が分かれた理由について専門家に聞きました。

明暗が分かれたのは長雨の影響?

長雨に見舞われた8月。時事通信や産経新聞では、長雨の影響で百貨店とスーパーで売上の明暗が分かれたと報道されました。

日本百貨店協会では前年同月比で2%増え、2ヶ月ぶりに売上が好転。一方、日本チェーンストア協会によると、スーパーの売上は前年同月比0.5%減少したそうです。

本当に長雨の影響で明暗が分かれたのか、三井住友アセットマネジメント・調査部・チーフエコノミストの宅森昭吉さんに聞きました。

「長雨による影響も多少はあるかもしれませんが、それだけではありません。そもそも、百貨店もスーパーも、食料品・衣料品・家庭用品といった、ほぼ同じ項目で売り上げが振るわなかったのですから」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >