2017/10/19 11:30

文藝春秋社の社長が図書館に異例のお願いをした背景

文藝春秋社の社長が図書館に異例のお願いをした背景
文藝春秋社の社長が図書館に異例のお願いをした背景

文藝春秋の松井清人社長が全国図書館大会の東京大会で、図書館側に異例の訴えをしたことが話題になっています。図書館に文庫の貸出をやめてくれないかというのです。

文庫といえば図書館の利用者にとっても読みたいコンテンツが揃っている人気コーナーなのですが、なぜ今、大手出版社の社長がそのような訴えをするのでしょうか。背景には縮小する書籍マーケットという業界の苦境があります。今、何が起きているのか、状況を探ってみましょう。

「文庫本の貸出をやめてください」の背景とは?

10月13日に開催された「全国図書館大会 東京大会」で文藝春秋社の松井清人社長が「どうか文庫の貸出しをやめてください」という訴えを行ったことがニュースになりました。背景には減少する一途の書籍市場という難しい問題があります。

書籍市場の中で文庫も年々市場が縮小しています。2014年から今年にかけての数字で見ると、金額ベースで毎年文庫市場は6%ずつ減少しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >