2017/10/24 06:30

日本も他人事じゃない「米FRB議長人事」の影響度

日本も他人事じゃない「米FRB議長人事」の影響度
日本も他人事じゃない「米FRB議長人事」の影響度

おととい投開票が行われた衆議院議員選挙は、与党の圧勝に終わりました。これから11月1日の特別国会召集までの間、閣僚人事に関するさまざまな情報が飛び交いそうですが、世界に視野を広げれば、それ以上に注目を集めている人事があります。

米国のFRB(連邦準備制度理事会)の新議長人事です。FRBはアメリカの中央銀行としての役割を担っており、その議長は、日本でいえば日本銀行の黒田東彦総裁にあたります。

実は、FRBの新議長人事は日本の経済や金融にとっても“対岸の火事”ではなく、むしろ日銀の総裁人事と同じくらい、もしかするとそれ以上に影響の大きい、注目すべきニュースなのです。その理由と新議長人事の行方について考えてみましょう。

議長人事に注目すべき2つの理由

現在のFRB議長であるジャネット・イエレン氏は71歳の女性で、2014年に前任者のベン・バーナンキ氏の退任に伴って議長に就任し、2018年2月まで務める予定となっています。ちなみに、10月25日に73歳になる日銀の黒田総裁の任期は5年間で、来年の春までとなっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >