2017/11/27 18:00

確定申告で“得”する人の条件 当てはまるのはどんな人?

確定申告で“得”する人の条件 当てはまるのはどんな人?
確定申告で“得”する人の条件 当てはまるのはどんな人?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は野瀬大樹氏がお答えします。

70歳でいったん仕事を引退しました。その後、以前の取引先から依頼を受け、現役時代の外注に依頼をし、今年の1月から10月の間に売り上げが323万円立ちました。

一方で、外注に依頼した分の支払いが288万円となりました。粗利益は35万円出ていますが、経費や燃料代、配達料などを加えると、利益は出ないかたちです。このような場合、確定申告は必要でしょうか? また決算書の作成方法を教えてください
(70代以降 既婚・子供3人以上 男性)

野瀬:ご質問ありがとうございます。

まず、確定申告が「必要」になる方について整理しましょう。

確定申告が「必要」になる人

相談者の方の場合、確定申告が必要になるのは「所得が20万を超えている場合」です。これは、収入ではありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >