2017/11/21 07:30

牛丼からおにぎりまで、「値上げ」報道の舞台裏

牛丼からおにぎりまで、「値上げ」報道の舞台裏
牛丼からおにぎりまで、「値上げ」報道の舞台裏

「すき家」を運営するゼンショーが商品の値上げを検討しているようです。

この一報の翌日、ゼンショーの株価は上昇しました。消費者としては少し複雑ですが、株式市場は今回の値上げを経営にプラスだと考えている様子です。

また、ほぼ同じタイミングで「コンビニ各社がおにぎりの値上げを計画している」とのニュースが流れました。身近な食べ物が次々と値上がりしそうな予感ですが、実は牛丼とおにぎりの“値上げの事情”は違っているようです。

今、業界に何が起きているのか? まとめてみました。

「すき家」が値上げを検討

牛丼チェーン最大手の「すき家」は、2018年3月までに牛丼の値上げを実施すると発表しました。ただし、「業界の最安値は維持したい」とのことで、この値上げは微妙なコントロールの下で行われそうです。

具体的には、現在350円の主力商品「牛丼並盛」は値上げしない模様。それは、この並盛の価格が同社の“安さのシンボル”になっているためで、ここを変えると「客足に大きな影響があるからだ」と言います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >