2017/11/20 07:30

中国:国民的お買い物イベントに熱狂するフツーの人たち

中国:国民的お買い物イベントに熱狂するフツーの人たち
中国:国民的お買い物イベントに熱狂するフツーの人たち

中国最大のEC、アリババグループが毎年11月11日に仕掛ける「双十一(シュアンシーイー、11がふたつ並ぶことから命名。英語名でダブルイレブンとも)」が1日で1,682億元(≒約2兆8,500億円)という驚異的な売上を叩き出したことは、日本でも大きく取り上げられました。

ただ、この額はあまりに大きすぎて、数字を聞いてもどれほどの規模なのか実感がわきません。一体、普通の人にどれくらい影響を与えているものなのか?

今回は現地からその熱狂の実態をお伝えしたいと思います。

「双十一」ってどんなイベント?

「双十一」は正式名称を「双十一购物狂欢节(双十一お買い物カーニバル)」といいます。

10月の国慶節と12月のクリスマス・年末に挟まれて閑散期になりがちな、この時期をどうにか盛り上げたいという目的で、2009年からアリババ傘下の「天猫(T-Mall。正確には09年当時は旧名の淘宝商城タオバオショッピングモール)」が、はじめたイベントです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >