2017/11/27 06:30

パイロットがいない!? 「AIRDO」の運休が深刻に

パイロットがいない!? 「AIRDO」の運休が深刻に
パイロットがいない!? 「AIRDO」の運休が深刻に

東京-札幌などの空路をつなぐ航空会社「AIRDO」が、2018年2月の大幅な運休を発表しました。理由はパイロットが確保できないためです。

このパイロット不足は「2030年問題」と呼ばれ、今後ますます深刻になるといわれています。日本の空は大丈夫なのでしょうか?

安い空の旅は続けられるのか――。状況をまとめてみました。

AIRDO大量運休の影に乗員問題

11月16日、AIRDOは2018年2月の計26便を運休すると発表しました。10月末には11月運航予定だった34便の運休が告知され、問題になったばかりでの新しい大量運休です。

原因は8月と10月に機長が相次いで退職したこと。結果、乗員のやりくりがつかなくなったというのです。

本当は副操縦士が昇格できるとよいのでしょうが、実はこれにはとても時間がかかります。規程の機乗経験時間を積まないと機長にはなれません。

そうなると外国人機長を雇うしかないわけですが、これがまた人材不足。つまりパイロット不足は日本だけでなく世界の問題なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >