2017/12/01 11:30

いま、日本にいながら米国株投資をする意味

いま、日本にいながら米国株投資をする意味
いま、日本にいながら米国株投資をする意味

株式投資をしていると海外株にも投資をしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、海外株への投資にあたってはどのように情報を集め、どこで口座を開設し、どのように投資をしていけばいいのか迷ってしまうためなかなか動けないという声も。

本記事では、米国株投資ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」を運営する投資ブロガー、バフェット太郎氏に米国株式投資のやり方、楽しみ方などの話をうかがいました。

日本株には営業利益率が高い「バフェット銘柄」がなかった!?

もともと日本株の運用をしていまして、日本株の企業分析ばかりしていたんですね。で、当時は「日本のバフェット銘柄」みたいなものを探していたわけです。バフェットは世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏のことなのですが、彼は米国でコカ・コーラ株とかP&G株に投資していまして、それに匹敵する日本株はないかと。

そこで日本株の企業分析をしまくったのですが、どれも米国株に匹敵するような銘柄はないわけです。例えば、営業利益率を見ると、米コカ・コーラの23.28%に対して、サントリー食品インターナショナル6.63%、アサヒグループホールディングス8.02%、伊藤園4.58%。米P&Gの22.57%に対して、花王12.73%、ユニ・チャーム11.01%、ライオン6.19%(いずれも2016年~2017年の決算期データ)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >