2017/12/04 06:30

白衣のFPが家計指導、「お金の健康診断」を受けてみた

白衣のFPが家計指導、「お金の健康診断」を受けてみた
白衣のFPが家計指導、「お金の健康診断」を受けてみた

老後破産、下流老人……。老後の不安はひとごとではありません。人生100年時代、将来について考えたとき、「健康よりもお金のほうが不安」と考える人は多いのではないでしょうか。

そんな不安を払拭してくれる、新しい福利厚生プログラムが誕生しようとしています。

今はまだトライアル段階ですが、フィナンシャルドクターが資産形成を指南してくれる「お金の健康診断」が近い将来、企業の福利厚生に組み込まれるかもしれません。

お金の健康診断ってなに?

11月29日の昼休み、JR有楽町駅の駅前にある東京国際フォーラムの地上広場に、何やら変わった白い車両が停まっていました。スーツ姿のビジネスマンたちは車両の前で足を止め、iPadを片手に何かを入力しています。

実はこれ、ロボアドバイザー「THEO」を運営するお金のデザインが仕掛けた「お金の健康診断」の受診風景です。

近づいてみると、白衣を着た女性スタッフにうながされ、iPadで問診表を記入することに。年齢、家族構成、年収、家賃、貯金といったマネープランを作成するのに欠かせない項目のほか、「自分に対して甘い性格か」「ピンチはチャンスだと思うか」「済んだことはくよくよしないタイプか」といった、一見お金には関係なさそうな質問まであります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >