2017/12/11 06:30

“子供靴の陸王”、アキレス「瞬足」は今も売れているのか

“子供靴の陸王”、アキレス「瞬足」は今も売れているのか
“子供靴の陸王”、アキレス「瞬足」は今も売れているのか

身近に子供がいない人でも、「瞬足」という名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その名の通り、“速く走れるスニーカー”として小学生やその母親に口コミで広がり、2000年代半ばに爆発的なヒット商品になりました。

それから10年余り、瞬足は今どうなっているのでしょうか。発売元であるアキレスを直撃しました。

「ニンテンドーDSか、瞬足か」

少子化で縮小の一途をたどる子供靴市場。そんな中で爆発的なヒットを記録したスニーカーがあります。2003年、小学校低学年の男の子をターゲットに発売した「瞬足」です。

2005年に年間販売足数が150万足を超えると、一気に人気に火がつき、一時的に手に入りにくい状況になりました。そのため、当時は量販店のバイヤーから「ニンテンドーDSか、瞬足か」と声をかけられるほどだったと、アキレス・シューズ営業本部の津端裕・副本部長は話します。

その後も順調に売れ行きを伸ばし、2009年には年間販売600万足を叩き出す大ヒットシューズに成長。「3~12歳の人口は約1,100万人。単純計算すると、園児から小学生の2人に1人が履いていたことになります」(津端さん)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >