2017/12/11 11:30

話題のJリーグ「マネー格差」とスマホの意外な関係

話題のJリーグ「マネー格差」とスマホの意外な関係
話題のJリーグ「マネー格差」とスマホの意外な関係

今年、サッカーJ1リーグでは川崎フロンターレが念願の初優勝を飾りました。このチャンピオンチームに入る「分配金がすごい」と話題になっています。その額が多いということもさることながら、2位以下のチームとの分配比率に大きな“格差”があるのです。

この分配金の違いによって来シーズン以降、チームの間には“戦力格差”が広がるのではという心配もされていますが、なぜこのような格差時代がおとずれたのでしょうか。実は、これにはスマホとの意外な関係があったのです。

優勝チームと2位以下のマネー格差が話題に

サッカーJ1リーグでは、今年から10年間の放映権を結んだ有料動画配信サービス「DAZN」との契約によって、J1上位の4チームに「理念強化配分金」という報奨金が配分されます。そしてシーズンが終わり、この金額が話題になっています。

最終節で劇的な逆転を果たし、念願の初優勝に輝いた川崎フロンターレには優勝賞金が3億円、固定配分金が3億5,000万円に加えて、理念強化配分金が15億5,000万円も支給されるとのことで、合計22億円ものお金がクラブに入ることになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >