2018/01/10 18:00

株の「利益確定」焦って早くしすぎちゃうのはなぜ?

今回のようなケースでは、利益が出ている株式の利益をいかに伸ばしていくかを考えるべきなのです。

トレーリングストップとは?

そのひとつの方法として逆指値注文を活用した「トレーリングストップ」という手法があります。

逆指値とは指値注文と逆の注文方法です。指値注文が「上がったら売り、下がったら買い」という注文であるのに対し、逆指値注文は「上がったら買い、下がったら売り」となります。

例えば現状の株価が1,000円なら、900円以下に下がったら売りという逆指値注文を入れておくのです。もし株価が下落すれば900円で成行注文の売却ができますし、そこまで下がらなければ、さらに株価が上昇した際の利益を得ることができます。

株価が1,200円になれば、逆指値を1,100円に変更するというように、現状の株価の下に逆指値の水準を調整していくことでその価格までの利益を確定しつつ、上値を狙う投資が実現できるのです。

逆指値には利食いが早くなってしまうという投資家の行動を抑制する効果があるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >