2018/01/17 18:00

毎月3万円から将来に備えたい 26歳の私はなにを選ぶ?

毎月3万円から将来に備えたい 26歳の私はなにを選ぶ?
毎月3万円から将来に備えたい 26歳の私はなにを選ぶ?

26歳女、独身です。将来のために、定期預金等を利用するか、投資信託に挑戦するかで悩んでいます。

・月給手取り:17万円(賞与年3ヶ月分)
・一人暮らし:家賃5万8千円
・毎月の支出:平均13万円(家賃含む)
・貯金:約200万円
・定期預金なし。普通預金口座に貯めているだけ
・仕事:私立学校職員 私学共済加入

現状は上記の通りです。お金は普通預金口座に貯めているのみ。毎月の給与から定期や投資に回せる金額は3万円くらいと考えています。最近、転職し、職場の給与天引きの定期預金(0.6%)に申し込むか、銀行のスーパー定期か、投資信託に挑戦するかで悩んでいます。

株の知識は、NISAを調べて少しわかってきた程度です。そのため、私がもし投資をするとしても、投資信託のインデックスファンドかと思っています。投資信託を始めるなら、若ければ若いほどよいと聞きます。26歳が早いのか遅いのかわかりませんが、お金を自由に使える独身の今がチャンスだと思っています。最近、試しに株式口座を開設しました。まだ取引はしていません。もちろんリスクがあるのは理解しています。株の知識が浅いので、しばらくは手堅く定期に回すのがよいかとも思っています。

近い将来に大きな出費予定はありません。結婚は1年後にするかもしれないし、いつになるかは未定です。そのため、将来のために今の年齢、現状でできるお金の管理方法を真剣に考えています。質問がわかりにくいと思いますが……簡単にまとめると、毎月の給与から捻出できる3万円をどうしていけばよいでしょうか? 専門家の方からアドバイスいただけたら幸いです
(20代後半 独身 女性)

深野:ご質問ありがとうございます。内容から察するとかなり投資に興味を持たれているようですね。資産運用の知識は一生涯の財産になりますから、早いうちに投資を始められるとよいでしょう。

まずは好条件の定期活用を

給与から捻出できる金額の運用先についてですが、勤務先の定期預金の金利0.6%は破格の金利です。私が知る限りでは高金利トップ3に入るくらいですので、預入れができる限度額までは勤務先の定期預金を積極的に活用されるべきでしょう。

貯めている普通預金を預け替えられるなら、預け替えてください。あくまでも給与からの積立でないと預入れができない場合は、現在の貯金残高になるまで普通預金を取り崩して生活し、給与は全額積み立てても構わないほどの好条件です。

頻繁に積立額等を変更するのは面倒かもしれませんが、一考の余地がある気がしてなりません。

投資に絶対はないため保守的に

さて質問からそれてしまったので元に戻して質問に回答させていただきます。毎月の3万円の積み立てですが、結婚時期は明確ではないものの、仮に結婚されればさまざまな出費等が発生する可能性もあります。

全額を投資信託などの積立投資に回すのではなく、勤務先の定期預金に2万円、投資信託に1万円。あるいは、定期預金、投資信託に1.5万円ずつ振り分けられてはいかがでしょうか。

保守的と思われるかもしれませんが、今後大きな出費が発生したとしても、投資信託部分をなるべく取り崩さないようにするためです。

もちろん、絶対に取り崩してはいけないということではありませんが、投資には絶対ということがありませんので、大きな出費があり使いたいときに利益が必ず出ている保証がないからです。

好きこそものの上手なれ

つまり、投資信託部分は余裕資金と考え、長期で積立投資を行い複利効果を上手に活用して資産形成を行っていただきたいのです。

ご質問に記載されているように独身の現在がチャンスではありますが、投資に振り回されないためにも、無理のない金額から始め、給与が増額するなどして余裕ができた段階で投資する金額を増やされるとよいでしょう。

積立で投資していく投資信託は、どの商品から始めなければならないという決まりはありません。

ご質問者が興味のある商品から始められるとよいでしょう。「好きこそものの上手なれ」ではありませんが、気になるものから始めたほうがより真剣に投資に向き合えるからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >