2018/01/01 11:30

17年の上昇は続くのか? 2018年の日本株相場見通し

17年の上昇は続くのか? 2018年の日本株相場見通し
17年の上昇は続くのか? 2018年の日本株相場見通し

日経平均株価が過去最長となる16営業日連続で上昇するという歴史的な上昇を見せた2017年。この勢いは、新しい年も続いていくのでしょうか? 日本株相場に詳しい松井証券のシニアマーケットアナリスト、窪田朋一郎さんに2018年の株式市場の見通しについて話を伺いました。

17年の上昇に乗れなかった人にも、十分チャンスはある

—— 昨年を振り返って、2017年は株式市場にとってどんな1年だったでしょうか?

窪田(以下、同様):瞬間的に急落する局面もありましたが、好調なアメリカ経済の恩恵も受けて日本企業の業績は拡大し、収益性も改善したことから、大きく買われた1年となりました。特に秋以降の上昇は、過去最長となる16営業日連続の上昇や、バブル後の戻り高値更新など、記録に残る上昇相場となりましたが、決して割高な水準ではなく、企業収益に裏付けされた株高でした。

—— 個人投資家も大きな利益を得た人が多かったのでは?

そうとも言い切れないのが残念なところです。特にアクティブに短期売買するタイプの投資家の中には、上がりすぎと判断して売りから参加する人も多く、損失を抱えるケースも目立ちました。この背景には、日本の個人投資家の間でトランプ大統領に対する評価が低く、ここまでの上昇を予想できなかったことと、また、根強い「安くなったら買い、高くなったら売る」という逆張り志向が裏目に出てしまった格好です。外国人投資家が買い、個人投資家が売るという、両者の姿勢の違いが鮮明となった相場でしたが、個人投資家の中でも中長期でじっくり保有するタイプの方は、大きな利益を上げた人も多かったようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >