2018/01/10 06:30

バイト感覚で観光案内、「無資格ガイド」解禁の衝撃

バイト感覚で観光案内、「無資格ガイド」解禁の衝撃
バイト感覚で観光案内、「無資格ガイド」解禁の衝撃

2020年の東京オリンピックに向けて、政府がさまざまな規制緩和を進めています。すでに先行している“爆買い”向けの免税手続きの簡素化や、民泊の規制緩和に続いて、1月4日からは無資格ガイドが解禁されました。

この規制緩和によって、どのようなビジネスチャンスが生まれるのでしょうか。これから先の新しい事業機会の全体像を探ってみます。

外国人向けガイドの条件が緩和

これまでは「通訳案内士」の資格がなければ有料で行えなかった、外国人に対する観光ガイド。しかし、1月4日に改正通訳案内士法が施行されたことで、外国語を話せる人がバイト感覚で観光ガイドを行うことができるようになりました。

もちろん、これまでもボランティアであれば観光ガイドをすることは可能でした。知り合いから聞いた話ですが、学生時代、英語力をトレーニングするために、彼は浅草でボランティアの観光ガイドを買って出ていたそうです。

具体的には、休日に雷門の辺りをうろつきながら「語学勉強中の学生なので観光ガイドをさせてください」と売り込み、外国人観光客を案内するのです。そうすることで英語のトレーニングもできますし、お礼に食事をご馳走してもらうこともあったそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >