2018/01/15 07:00

袋麺市場で「サッポロ一番」がトップに返り咲いたワケ

袋麺市場で「サッポロ一番」がトップに返り咲いたワケ
袋麺市場で「サッポロ一番」がトップに返り咲いたワケ

お正月気分も抜け、読者の皆さんの食生活も普段通りに戻ったのではないでしょうか。おせち料理や新年会の食事に飽きたこの時期、無性に恋しくなるのがインスタントラーメンです。

中でも袋入りのインスタントラーメン(袋麺)は、手軽に調理できる食材として、常備しているご家庭は少なくないでしょう。単体ではジャンクフードですが、山盛りの野菜炒めやゆで卵などを添えれば、バランスのとれた立派な一品になります。

その袋麺市場でシェア争いが激化しています。きっかけは2011年に発売されたある商品なのですが、現状はどうなっているのでしょうか。

上位4社でシェア8割握る袋麺

食品専門誌「酒類食品統計月報」を発行している日刊経済通信社によれば、袋麺の年間生産量は16億3,000食。カップ麺はその2倍以上の37億3,000食だそうです。

袋麺は「サッポロ一番」のサンヨー食品、「ラ王」の日清食品、「マルちゃん正麺」の東洋水産、「チャルメラ」の明星食品の主要4社が市場全体の81%のシェアを握っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >