2018/01/19 20:00

住宅選びの新トレンド「育住近接」は、こんなに便利だった

住宅選びの新トレンド「育住近接」は、こんなに便利だった
住宅選びの新トレンド「育住近接」は、こんなに便利だった

ここ数年の住宅選びのトレンドといえば、職場からなるべく近い場所に自宅を買ったり、借りたりする「職住近接」でした。ただ、共働き世帯の増加や駅近物件への人気集中などの影響もあり、家選びの基準に変化の兆しが見えてきました。

その新しい潮流は「育住近接」。住宅情報サイト「SUUMO」を運営するリクルートホールディングスが、今年の住まい領域におけるトレンドとして、この言葉を選びました。

「育住近接」の家とは、どんなものなのか。住宅業界の最新トレンドを追いました。

子育て特化の賃貸マンション

駅からの距離が離れれば離れるほど、家賃や物件価格が安くなるというのが、不動産マーケットの常識。でも、駅から遠くても、駅前の同じ広さの物件と同等の賃料で貸し出している賃貸住宅が増えています。賃料が高くても物件に“魅力”を感じて、入居希望者が後を絶たないそうです。

その魅力とは、子育て世帯に特化した賃貸住宅であること。旭化成ホームズが「へーベルメゾン母力(ぼりき)」というブランド名で現在、荻窪や三鷹など首都圏に10棟を展開しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >