2018/02/03 07:15

日本上陸「OPPO」を生んだ、苛烈な中華ケータイ大乱戦

総じてこうした“ヘンなもの”は虫の息で、たとえば深圳の電脳市場に行っても、目につくのは質が低いだけのタブレットのコピー品や海外バージョンのiPhone程度です。

もちろん、コピー品はほめられたものではありません。ですが個人的には、この時代に現れた時には理屈や効率もあまり考慮しないようなユニークな商品が、現在の業界全体の強さ・多様性につながっているのではないか、と考えています。

国内独自ブランドの揺籃期

こうしたコピー市場の隆盛からしばらく経ち、携帯電話はスマートフォンの時代を迎えます。スマホはデザイン面では同質化する一方、構造や回路設計などが高度化し、素人にはゼロからは簡単に作れなくなり、小規模なコピー品メーカーは生き残ることが難しくなります。

前述のファーウェイやOPPOはスマホ時代が始まるより前に携帯電話製造事業に参入していました。ファーウェイはもともと企業向け通信機器の製造、OPPOの母体である步步高(ブーブーガオ)は計算機や電子辞書などを製造していました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >