2018/02/23 20:00

「2019年増税」の確度が高まった安倍政権の“ある動き”

「2019年増税」の確度が高まった安倍政権の“ある動き”
「2019年増税」の確度が高まった安倍政権の“ある動き”

2月は、アベノミクスの先行きを決定づける“想定内の動き”と“想定外の動き”がありました。

日本銀行の人事案は想定内でしたが、消費増税後に備えた経済対策の早期とりまとめ方針は想定外でした。10%への消費増税は再々延期ではなく、予定通り実施される見込みです。

経済対策を早期にとりまとめるのは、霞が関の立場では安倍晋三首相の増税決断を後押しするためでしょうし、安倍首相の立場では今年秋を中心とする改憲スケジュールに集中するためでしょう。

経済政策の想定内と想定外

2012年末に発足した安倍政権は、今年秋の自民党総裁選、来年夏の参議院議員選挙を乗り越えれば、次の自民党総裁選や衆院議員任期満了を迎える2021年頃まで続きそうです。アベノミクスは現在「6合目」付近に位置しており、すでに後半戦に入っているといえます。

この2月は、アベノミクス後半の方向性を決定づける2つの動きがありました。まず、想定内だったのは、政府が2月16日に国会へ提示した日銀総裁・副総裁の人事案です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >