2018/02/27 06:30

一般人もマネしたい平昌五輪「もぐもぐタイム」の利点

一般人もマネしたい平昌五輪「もぐもぐタイム」の利点
一般人もマネしたい平昌五輪「もぐもぐタイム」の利点

世界中の人が固唾をのんで勝負の行方を見守った平昌オリンピック。カーリング女子の日本代表チームが歴史的な銅メダルを獲得したことも大いに話題を呼びました。

その試合のハーフタイム中に見られたのが、通称「もぐもぐタイム」。かわいらしいネーミングとは裏腹に、後半戦に備える作戦会議と栄養補給を兼ねる重要な時間です。

そんなもぐもぐタイムに選手たちがよく口にしているのがフルーツ。オフィスなどで見られる間食はパンやスナック菓子といった炭水化物が中心ですが、なぜスポーツ選手ではフルーツを摂るのでしょうか。その事情に迫ります。

素早くエネルギーになるフルーツ

平昌オリンピックのカーリング女子準決勝の日韓戦では、日本人選手はイチゴを、韓国人選手はリンゴを食べながらハーフタイムの休憩を取っている姿が話題を呼び、「イチゴ vs リンゴのもぐもぐ対決」と評されました。

残念ながら日本チームは韓国に敗れてしまいましたが、国は違えどハーフタイムのおやつには積極的にフルーツが食べられている点は共通しているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >