2018/03/06 11:30

安いお米も、古くなったお米も美味しくなる裏ワザ

安いお米も、古くなったお米も美味しくなる裏ワザ
安いお米も、古くなったお米も美味しくなる裏ワザ

毎日お米を食べる人も多いと思います。それだけにせっかくなら美味しく食べたいですし、できれば節約もしたいですよね。

今回は古くなってしまったお米や、安いお米でもひと手間かけることでまるで一段と美味しさが増す裏ワザをご紹介します。

買い方から保存が肝心

お米は精米してから時間が経過するにつれてどんどん味が落ちてしまいます。大きなサイズのほうが割安ですが、できれば買ってきてから2週間、最長でも1カ月で食べきれる量を目安にしましょう。

キッチンシンクの下に米びつを置いて、お米を保存している人も多いのですが、実はシンクの下はお米の保存場所としては適していません。水回りということで湿度が高く、また虫がつきやすい場所でもあるからです。

本来、お米は冷蔵庫に入れる必要がないものです。しかし、現代の日本の家屋は気密性が高いので湿度も高くなりがちです。暖房をつける時間帯もあるので部屋の温度が変わりやすい状態に。そのため冷蔵庫の野菜室などで保管するのが適しています。2リットルサイズの空いたペットボトルなどに入れて封をしっかりとしめて保存するのが使いやすいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >