2018/02/28 20:45

日経平均100万円への道

実はこれ、著名投資家ウェーレン・バフェット氏のパクリです。バフェット氏は、「ダウ平均は100万ドルになる。ただし、今後100年で」と述べています。投資の賢人、バフェットが言うなら間違いはないでしょう。

いやいや、バフェットとはいえ、間違うことはあります。ダウ平均は100万ドルになるでしょう。しかし、それには100年もかからないのです。50年前、ダウ平均は840ドルでした。それが今や2万5,000ドル。50年間で30倍になったわけですが、これを年率になおすと7%のリターンです(下図)。

今2万5,000ドルのダウ平均が100万ドルになるには、40倍になる必要があります。7%複利で40倍になるには、55年かかります。1.07の50乗が30で、1.07の55乗が40。ということは、年率7%のリターンを仮定すれば、55年でダウ平均は100万ドルに到達できます。

年率7%のリターンは現実的なのか

ここで2つのチャレンジが予想されます。1つは、過去のリターンが平均すると年率7%だったからといって、それを今後もそのまま適用していいのか、という問題と、仮に米国のダウ平均が100万ドルになったとしても、ずっと弱い日本の日経平均が100万円になる保証はない、ということです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >