2018/03/24 11:30

日本人の心をつかむ「桜」についての豆知識

春の花といえば桜。桜の開花時期は十分に暖かくなっていますので、待ちわびた季節の訪れを肌と目で実感できる頃ですね。日本人にとって桜は別格扱いで愛されている花ですが、元は山に咲く素朴なヤマザクラで、花以外でも暮らしに寄り添っていた植物です。

太古から日本にあったヤマザクラ

桜より少し早く春を告げる花である梅や桃は、中国からもたらされた植物です。奈良時代頃から日本にあるので日本文化の中にも馴染んでいますが、桜は日本列島に日本人の先祖がやってくる前から野山で春を告げていたと考えられています。

縄文時代の遺跡からは既に縄文人が桜の木を利用していたと思われる痕跡が見つかるそうですよ。

桜を花として愛でる文化は宮廷の物。庶民に取っては暮らしを支えてくれる大切な木材

奈良時代が終わり、日本が中国から文化を取り入れた時代が終了すると、「国風文化」と呼ばれる日本独自の文化が発展します。その中で開花の後に一斉に花を散らす桜の儚い美しさが日本人の心をつかみ、「花といえば桜」と言われるようになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >