2018/03/13 18:00

勤務先と投資先“卵を一つのカゴに盛る”持株制度のリスク

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はプロのFPとして活躍する花輪陽子氏がお答えします。

従業員持株制度で、株が増加して2万株になりました。売却すれば3,000万円くらいになるのですが、配当金として今のところ70万円もらえるため、定年後を見据えどのようにしておけば良いか悩んでおります。ご指導のほどお願いします。

〈相談者プロフィール〉
・男性、58歳、既婚、子供2人
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・住んでいる地域:埼玉県
・手取り年収:500万円
・毎月の支出目安:40万円

花輪:従業員持株制度は奨励金がもらえるなどのメリットも大きいですが、投資先が一極集中しているというリスクが大きなデメリットになります。

“勤務先と投資先が同じ”従業員持株制度のリスクとは?

「卵を一つのカゴに盛るな」という投資の格言がありますが、収入をもらう勤務先と運用リターンや配当を得る投資先が同じということは非常に大きなリスクになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >