2018/03/19 18:30

シングルマザー34歳、将来シングルも見据えたマネープラン

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はプロのFPとして活躍する花輪陽子氏がお答えします。

34歳のシングルマザーです。1年半前に離婚し、娘と実家へ出戻りました。家計は親とは別にしています。現在、現金で1,300万円、投信で130万円ほど所有しています。再婚できるかわからないので、この先のプランをしっかり立てていきたいと思っています。ただ、離婚前は家計管理を元夫に任せきりだったため、何から手をつけたらよいのかわかりません。

〈相談者プロフィール〉
・女性、34歳、未婚、子供1人(5歳・幼稚園年中)
・職業:会社員
・居住形態:親の家で同居・両親(無職)、娘
・住んでいる地域:埼玉県
・手取りの月収:給与22万円、前夫からの養育費8万円
・毎月の支出目安:28万円

花輪:子供の貧困は、特に母子世帯に多い状況です。平成27年の厚生労働省の調査によると、子供の貧困率は大人が2人以上いる世帯の相対的貧困率が12.4%なのに対して、ひとり親家庭の相対的貧困率は54.6%となっています(2012年値)。平均年収でみても、母子世帯の平均収入181万円は、子供のある世帯の平均収入697万円の3分の1にも満たないのです(2011年値)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >