2018/03/15 20:00

今、REITは買い時か?

東証REIT(不動産投資信託)指数は昨年1年間で6.8%のマイナス(配当込み)でした。TOPIX(東証株価指数)が22.2%のプラスであったのと比べて、大きく出遅れたといえます。一方、今年に入り、3月14日までの時点ではTOPIXが4.0%のマイナスと低迷する中で、REITは1.4%のプラスです。

割安感から底堅く推移していますが、はたしてREITは今、買い時といえるのでしょうか。REITが保有する資産価値をベースに、今の投資価値を考えたいと思います。

保有資産価値は客観性が高い

REITの大きな特徴として、資産価値の客観性が極めて高い点が挙げられます。通常の企業の価値はバランスシート(貸借対照表)に載っている資産から正確に試算することは非常に困難です。一方、REITの場合は、保有不動産はすべてテナントに賃貸されて賃料を生み出している不動産です。

また、それらの不動産は鑑定評価という形で、直近の時価が開示されています。不動産には巨大な取引市場があり、その市場の中での取引事例を参考に、REITの保有不動産の時価は客観的に試算することが可能です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >