2018/03/16 20:00

開花が早いと株価はどうなる?桜と日経平均の意外な相関

皆さんの身近には、景気や株価と意外な結びつきがあるデータがたくさんあります。筆者は『サザエさんと株価の関係』という、ちょっと不思議なタイトルの本で「サザエさんの視聴率が下がる時に株価が上がり、逆に視聴率が上がると株価が下がる」という関係を紹介しました。

サザエさんのオンエアー時間は、日曜の夕食時間に重なります。サザエさんの視聴率が高ければ、それは夕食時に自宅にいる家庭が多いことを意味します。その時間、レジャーを楽しんだり、買い物をするといった、消費にお金が回っていないと、景気や株価にネガティブに働くというわけです。

こうした意外な関係をたくさん知ることで、経済に親しくなるだけでなく、相場を予想して儲けることにもつながるでしょう。今回から、こうした景気や株価のジンクスといえる、意外な関係も紹介していきます。

文化だけじゃない桜と日本人の関係

3月も半ばになり、ようやく暖かくなる日も増えてきました。そろそろお花見が気になる季節です。桜は日本を象徴するものとして世界的に知られており、桜の季節に日本に訪れる外国人も増えています。また、桜の木の下で行われる宴は、その起源が古く、奈良時代には貴族の間の行事とされていたといわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >