2018/04/03 20:00

トランプ発の貿易戦争、アジアで影響が大きい国は?

トランプ発の貿易戦争、アジアで影響が大きい国は?
トランプ発の貿易戦争、アジアで影響が大きい国は?

米国のドナルド・トランプ大統領が3月22日、通商法301条による対中制裁として、600億ドル規模の制裁課税を行う、中国をWTO(世界貿易機関)に提訴する、などといった措置を表明しました。中国による知的財産権の侵害を理由に挙げています。

米国では直近、主要閣僚が相次いで解任され、後任には対中強硬派とされている人物が就任しました。政権内の混乱も含めて、トランプ政権の打ち出す政策はまだ流動的で、なかなか先が読めないという状況です。

トランプ大統領が打ち出した政策によって、アジア経済にどのような影響があるか、という点について考えてみたいと思います。

もはや「ニセモノ大国」ではない

トランプ大統領が指摘している通り、中国はこれまで、「ニセモノ大国」と揶揄されるくらい権利やモラルに対する意識が希薄な国、というレッテルを貼られてきました。しかし、近年はそのような評価があてはまらなくなっています。

中国は「ニセモノ大国」から「本物のハイテク国」へ変貌しつつあるのです。実際、各企業では、本腰を入れて自社の技術力向上に取り組み始めており、徐々にその効果が出始めています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >