2018/04/09 11:30

仕事はツールで変わる、リターンのある「ビジネススーツ」

仕事はツールで変わる、リターンのある「ビジネススーツ」
仕事はツールで変わる、リターンのある「ビジネススーツ」

ビジネスパーソンの戦闘服・スーツ。あなたはどんな基準で選んでいますか?

スーツは、スーツの形さえしていればいいわけではありません。買ったばかりなのになぜかシワだらけになってしまう、一日の終わりに肩が凝ってしまうということも……。

スーツは、名刺以前の自己紹介。ビジネスと人生のクオリティをアップすることもできるのです。

かつてスーツは「仕立てる」ものだった

今、ビジネスパーソンが着ているスーツの大半は既製服です。しかし、かつてスーツは「買うもの」ではなく「仕立てるもの」でした。それは選ばれたお金持ちに限った話ではなく、社会に出たばかりの、稼ぎも貯金もない若者であってもそうだったのです。

戦前はもとより、戦後も高度成長以前は、既製服そのものの数が少なく、クオリティも非常に低いものでした。1950~60年代当時、スーツやコートといったメンズの重衣料は、どの町にも必ずあった注文紳士服店(テイラー)で仕立てるものと決まっていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >