2018/04/09 06:30

ソフトバンク「駐車場シェア」参入が想像以上にアツい理由

ソフトバンク「駐車場シェア」参入が想像以上にアツい理由
ソフトバンク「駐車場シェア」参入が想像以上にアツい理由

ソフトバンクが4月5日、今夏にも駐車場シェアサービス事業に参入すると発表しました。このサービスはAirbnb(エアビーアンドビー)で注目される民泊の、駐車場版のサービスといえるものです。

自分の駐車場を他人に時間貸しできるサービスなのですが、いったいどれくらいの需要があるのでしょうか。新しいビジネスチャンスの可能性を探ってみたいと思います。

駐車場シェアのメリットは?

シェアサービスの代表例を挙げますと、エアビーアンドビーに代表される民泊が「空き部屋をシェアするサービス」、ウーバーに代表される配車サービスは「車と運転手の空き時間をシェアするサービス」です。ほかには、都市部での自転車シェアなどが注目されています。

ソフトバンクが参入する駐車場シェアは、駐車場の空き時間をシェアする新しいタイプのサービスのようです。

たとえば毎日、車で出勤をする方の場合、朝、家を出てから、夜、帰宅するまでの間、自宅の駐車場はただの空きスペースになっています。この空いた時間を時間貸し駐車場として利用することができれば、思わぬ副収入が生まれる可能性が出てきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >