2018/04/16 06:30

内部を電車が往来?「西武」新ビルは池袋をこう変える

内部を電車が往来?「西武」新ビルは池袋をこう変える
内部を電車が往来?「西武」新ビルは池袋をこう変える

西口に東武百貨店と東武電車の乗り場。東口に西武百貨店と西武電車の乗り場。方角と代表的な施設が東西で逆転していることで知られるのが、池袋駅です。その池袋駅から徒歩で数分の場所に、西武鉄道グループが新しいビルを建設しています。

場所は駅の東側と西側を結ぶ、通称「びっくりガード」のすぐ近く。西武池袋線の南口から道路1本を隔てた場所です。

西武鉄道が所沢の本社とは別に、本店として使っていた古いビルを建て替えているもので、2015年7月に着工。2年9ヵ月を経て、4月9日に上棟式が行われました。完成予定は来年3月です。

このビルが完成すれば、周辺地域や池袋の街はどのように変化していくのでしょうか。新ビルの開発計画をひも解くことで、都心北西部を代表するターミナルの未来を占ってみます。

基礎工事には8ヵ月を費やす

西武鉄道は2012年5月に、前身の武蔵野鉄道設立から100周年を迎えています。同社としては、今回の建て替え計画も数ある100周年事業の1つと位置づけており、地域のランドマーク的な存在にしたいようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >