2018/04/29 18:30

投資を始めるよりも優先すべきは“4大固定費”の見直し

投資を始めるよりも優先すべきは“4大固定費”の見直し
投資を始めるよりも優先すべきは“4大固定費”の見直し

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は花輪陽子氏がお答えします。

財形貯蓄はしていますが、貯蓄がほとんどありません。固定費の見直しや、投資を考えたりしていますが、まず何から手をつけたらいいのかが分かりません。固定費の見直しと投資、どちらを優先させるべきなのでしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、53歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・手取りの世帯月収:22万円
・毎月の固定費:18万円

花輪:投資以上に固定費の見直しが大切です。真っ先に行うことをおすすめします。なぜなら、固定費の削減は投資をするための種銭を作ることができるからです。

毎月かかる“4大固定費”

固定費とは、毎月固定で決まってかかる費用のことです。なかでも金額の大きい「自動車費用」「保険料」「住居費」「教育費」を、私は4大固定費と呼んでいます。この4大固定費をいかに小さく抑えるかが、種銭づくりの最大のポイントです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >