2018/05/02 14:00

初開催、イオンがGWに「ごち肉フェス」を始める理由

初開催、イオンがGWに「ごち肉フェス」を始める理由
初開催、イオンがGWに「ごち肉フェス」を始める理由

「イオン」「イオンリテール」を展開するイオンリテールは5月2日、翌3日から6日にかけて、本州と四国の約400店舗で過去最大の肉の祭典「ごち肉フェス」を開催すると発表しました。

期間中は、限定商品12品を含む最大20品目の肉と、関連商品を食肉売り場に取りそろえるといいます。一体どんな限定商品が用意されているのでしょうか。そして、この時期に肉フェスを開催するイオンの狙いは、どこにあるのでしょうか。

牛肉中心に限定商品が多数

今回のごち肉フェスで用意された12品目の限定商品。その中でも目玉といえそうなのが、1ポンド=約450グラムの分厚い状態で販売する米国産のリブロースステーキです。通常のサーロインよりも脂が多く、ジューシーな食感を味わえるのが特徴だといいます。

このほかにも、米国でよく見かけるTボーンステーキも、今回の企画に合わせて一部の店舗限定で用意しました。イオンリテールの釼持彰・畜産商品部長は「アメリカンバーベキューを意識した品ぞろえにしました」と語ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >