2018/05/07 07:30

先輩社員必見!新人との円滑度を上げる4分類対処法

先輩社員必見!新人との円滑度を上げる4分類対処法
先輩社員必見!新人との円滑度を上げる4分類対処法

ゴールデンウィークが終わり、新入社員を迎え入れる職場も多いことでしょう。「売り手市場」と言われている昨今、企業は有能な学生を獲得するのに多大な時間とコストを投じてきました。にもかかわらず、新人が1年を待たずして退職をする事態が少なくありません。

厚生労働省の調査によれば、新入社員(新卒)大卒の11.3%、高卒の17.3%が1年以内に退職をしています。さらに3年以内になると、その数字は40%を超えています。退職理由として、職場の人間関係や上司との関係は必ず上位に挙がります。

組織のリーダーにとって、年度初めは職場のコミュニケーションを円滑にし、新人の受け入れ体制を作る重要な時期です。そこで、今回は新人を迎える組織の皆さんに、今日から役立つコミュニケーション術をお伝えしたいと思います。

コミュニケーションを阻害するもの

コンサルタントとして多くの企業の組織開発の相談を受けて筆者が感じることは、標準化された業務が機械化・アウトソースされるケースが増える一方で、有能な上司や先輩社員には非定型で難易度の高い業務が急増し、部下・後輩の指導にかけられるパワーも少なくなっているのではないか、という点です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >